漢方薬 鹿鳴堂薬舗|奈良で漢方一筋12年

無料漢方相談フォームはこちらから

奈良店紹介

奈良店紹介

  • 鹿鳴堂薬舗について
  • 鹿鳴堂薬舗の考え方
  • 漢方専門の理由
  • 店主ごあいさつ・プロフィール
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内、地図
  • 遠方の方へ
  • 強引な売りつけは一切しません
  • 漢方・薬剤師の独り言
  • あなたにあったお薬のために
  • 接客理念
  • ステップ1 完全予約制
  • ステップ2 徹底的なカウンセリング
  • ステップ3 納得いくまでご説明
  • ステップ4 選薬
  • ステップ5 アフターフォロー
  • 漢方薬について
  • 漢方で一番大切なこと
  • 漢方の科学的根拠
  • 漢方薬のお値段
  • 処方の期間
  • 副作用について
  • 処方事例のご紹介
  • お役立ちコンテンツ〜薬剤師の視点から〜
  • 健康食品、サプリメントとの付き合い方
  • 鍼・灸との付き合い方
  • 漢方薬店の選び方
  • 薬局、薬剤師との付き合い方
  • 健康器具に対する誤解
  • 病院等のご紹介
  • 悪徳業者の見分け方
  • よく頂くご質問
  • お客様の声
  • インタビュー
  • お客様から頂いたお手紙
  • 病名別
  • 健康を維持したい方へ
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • アトピー
  • 癌
  • 耳鳴り・めまい
  • 冷え症
  • 更年期障害
  • その他の病名はこちら
  • 症状例
  • 疲れやすい・だるさ
  • 肥満
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 頭痛(偏頭痛)
  • 胃もたれ
  • その他の症状はこちら
  • ブログPick up
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報

漢方の科学的根拠

一昔前には、「漢方には科学的根拠がない」という風潮があったものです。しかし今では、漢方への理解がかなり進み、病院でも利用されるようになっています。

「科学的」とは、どういうことか?

漢方に比べて西洋薬は「科学的に証明されている」と言われることがあります。その意味は、病気が治るメカニズムが解明されていて、その薬を飲めば、誰にでもほぼ同じ効果がでる、ということです。西洋薬は、効果のある成分だけを抽出して生成しているので、分かりやすい強力な効果が出るのです。

しかし漢方では、単一の成分を取り出すのではなく、植物などを乾燥させて磨りつぶして、そのまま使用しています。自然生薬と呼ばれるこの原材料には、成分が複数含まれているので、あまりにもメカニズムが複雑になってしまいます。そのため、まだ、現在の科学では全容が解明できないのです。
つまり、既に解明できているものには「科学的」、まだ解明できていないものは「非科学的」というレッテルが貼られています。

「病名」を重視する西洋医学。「証」を重視する漢方。

西洋医学では、病名に対応した薬が処方されます。
漢方では、「証」という「体質」を見極め、その証に合わせて漢方を選薬していきます。
病名は明確に定義できますが、「証」と呼ばれる体質は個人個人で違うため、一貫した法則を見つけにくいものです。そのため漢方処方には、科学的なアプローチが難しいという側面があります。

西洋医学と漢方は適材適所

西洋医学と漢方は、どちらが優れている、というものではありません。
最終的な目標は、お客様の幸せであるべきだからです。

たとえば、今ある強烈な痛みを抑えるために、西洋薬の消炎鎮痛剤を服用するのは適切です。漢方では即効性のある処置が難しいからです。
逆に、慢性疾患などの治りの遅い病気で、ステロイドなどの西洋薬を服用し続けると、副作用が出てしまいます。そのような場合は、副作用の出ない漢方が適しています。

当店・鹿鳴堂薬舗は、漢方だけにこだわりません

私・泉谷修一は、大阪薬科大学を卒業し、製薬会社で新薬の開発に携わっていた経験もございます。西洋医学と漢方、両方の知識がありますので、両方の良い部分を取り入れながら、お客様にとって最適なご提案をして差し上げることができます。

メール漢方相談 ご来店予約 詳しくはこちら→   ご相談・ご予約・お問い合わせは、通話料無料のフリーダイアル
 (C)copyright 2012 有限会社 鹿鳴堂薬舗 All right reserved.
当サイトの写真、その他あらゆるコンテンツの著作権は全て有限会社 鹿鳴堂薬舗に帰属します。無断での転用・複製は一切禁止いたします。