漢方薬 鹿鳴堂薬舗|奈良で漢方一筋12年

無料漢方相談フォームはこちらから

奈良店紹介

奈良店紹介

  • 鹿鳴堂薬舗について
  • 鹿鳴堂薬舗の考え方
  • 漢方専門の理由
  • 店主ごあいさつ・プロフィール
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内、地図
  • 遠方の方へ
  • 強引な売りつけは一切しません
  • 漢方・薬剤師の独り言
  • あなたにあったお薬のために
  • 接客理念
  • ステップ1 完全予約制
  • ステップ2 徹底的なカウンセリング
  • ステップ3 納得いくまでご説明
  • ステップ4 選薬
  • ステップ5 アフターフォロー
  • 漢方薬について
  • 漢方で一番大切なこと
  • 漢方の科学的根拠
  • 漢方薬のお値段
  • 処方の期間
  • 副作用について
  • 処方事例のご紹介
  • お役立ちコンテンツ〜薬剤師の視点から〜
  • 健康食品、サプリメントとの付き合い方
  • 鍼・灸との付き合い方
  • 漢方薬店の選び方
  • 薬局、薬剤師との付き合い方
  • 健康器具に対する誤解
  • 病院等のご紹介
  • 悪徳業者の見分け方
  • よく頂くご質問
  • お客様の声
  • インタビュー
  • お客様から頂いたお手紙
  • 病名別
  • 健康を維持したい方へ
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • アトピー
  • 癌
  • 耳鳴り・めまい
  • 冷え症
  • 更年期障害
  • その他の病名はこちら
  • 症状例
  • 疲れやすい・だるさ
  • 肥満
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 頭痛(偏頭痛)
  • 胃もたれ
  • その他の症状はこちら
  • ブログPick up
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報

不安

「不安」の原因は大きく分けて二つあります。
一つはなんらかのはっきりしたストレスがかかり、それに伴って起こる不安で、これは誰しも経験したことがあること思います。ただ、一過性の不安とは言っても、ストレスに対抗する力は人によって異なります。
一般的に神経質と言われている人は、ストレスに対抗する力が弱いと考えられています。

もう一つはパニック障害によるものです。急になんとも漠然とした不安に襲われ、動悸や冷や汗、胸苦しさ、呼吸困難といった症状を起こします。

一過性の不安は時がたてば自然に無くなることがほとんどなので、それほど気にすることはありません。しかし、ちょっとしたことですぐに不安になるという方は、漢方薬でストレスに強い体に体質改善することが可能です。

次にパニックについて解説いたします。
パニック発作と呼ばれる発作が突然起こり、「また発作が起こるのではないか」と、強い不安を抱くようになります。

原因はよくわかっていませんが、「セロトニン」という脳内の神経伝達物質が関与していることが指摘されています。

カウンセリングと漢方処方

一過性のストレスによる不安は、漢方薬やサプリメントがよく効きます。

漢方ではこの「不安」を「気・血・水」の変調による全身バランスの乱れ、あるいは一種の「未病状態」としてとらえます。特に「気」の流れが停滞しておこると考えます。「気」が停滞した状態は「気滞証(きたいしょう)」と呼ばれます。

以上のことより「気・血・水」のバランスを改善する処方や、「ボレイ」を配合した処方を選びます。

もちろん、非常に高価な漢方薬(高貴薬)、例えば牛黄(ごおう)や鹿茸(ろくじょう、熊胆(ゆうたん)、朝鮮人参などを飲まれると、不安も早く取れます。

逆に「慢性的な不安」が大きな疾患のシグナルであることも少なくありません。
あまり続くようでしたら、躊躇なく病院を受診してください。

体質改善・快方のプロセス

一過性の不安の場合、漢方薬(特に高貴薬)やサプリメントにより、速やかに取れます。
「不安」が取れてからも、予防および疲労体質改善のために漢方薬を継続服用されることをお勧めいたします。

ただし「他の病気が元で起こる不安」の場合は、原因疾患により対処法が異なります。

養生法

「一過性の不安」の場合は「生活習慣を改善」することに尽きます。

  • 十分な休息および睡眠を取る
    不安を感じたら、早めに休むことが大切です。精神的なストレスが溜まりきってしまったら、回復にも時間を要します。早寝早起きを心がけましょう。
  • バランスの良い食生活を心がける
    不安を取るには、良質なビタミン、ミネラル(特にカルシウム)、アミノ酸等が欠かせません。玄米、豆類、ごまやナッツ、海藻類、緑黄色野菜などバランス良く摂るようにしましょう。
  • リラックスする
    ウォーキングなどの軽い運動やアロマテラピーなどで気分転換しましょう。
  • ゆっくりお風呂につかる
    少しぬるめのお風呂にゆっくり時間をかけて入りましょう。自律神経のうちリラックスできる副交感神経を優位にすることができます。半身浴も効果的です。絶対にシャワーだけで済ますことは避けてください。
メール漢方相談 ご来店予約 詳しくはこちら→   ご相談・ご予約・お問い合わせは、通話料無料のフリーダイヤル
フリーダイヤル:0120-25-8510
受付時間 10:00〜19:00 (日・祝除く)
FAX:0742-27-8475
MAIL:rokumeido@cam.hi-ho.ne.jp
〒630-8236 奈良県奈良市下三条町13-1
 (C)copyright 2012 有限会社 鹿鳴堂薬舗 All right reserved.
当サイトの写真、その他あらゆるコンテンツの著作権は全て有限会社 鹿鳴堂薬舗に帰属します。無断での転用・複製は一切禁止いたします。