漢方薬 鹿鳴堂薬舗|奈良で漢方一筋12年

無料漢方相談フォームはこちらから

奈良店紹介

奈良店紹介

  • 鹿鳴堂薬舗について
  • 鹿鳴堂薬舗の考え方
  • 漢方専門の理由
  • 店主ごあいさつ・プロフィール
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内、地図
  • 遠方の方へ
  • 強引な売りつけは一切しません
  • 漢方・薬剤師の独り言
  • あなたにあったお薬のために
  • 接客理念
  • ステップ1 完全予約制
  • ステップ2 徹底的なカウンセリング
  • ステップ3 納得いくまでご説明
  • ステップ4 選薬
  • ステップ5 アフターフォロー
  • 漢方薬について
  • 漢方で一番大切なこと
  • 漢方の科学的根拠
  • 漢方薬のお値段
  • 処方の期間
  • 副作用について
  • 処方事例のご紹介
  • お役立ちコンテンツ〜薬剤師の視点から〜
  • 健康食品、サプリメントとの付き合い方
  • 鍼・灸との付き合い方
  • 漢方薬店の選び方
  • 薬局、薬剤師との付き合い方
  • 健康器具に対する誤解
  • 病院等のご紹介
  • 悪徳業者の見分け方
  • よく頂くご質問
  • お客様の声
  • インタビュー
  • お客様から頂いたお手紙
  • 病名別
  • 健康を維持したい方へ
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • アトピー
  • 癌
  • 耳鳴り・めまい
  • 冷え症
  • 更年期障害
  • その他の病名はこちら
  • 症状例
  • 疲れやすい・だるさ
  • 肥満
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 頭痛(偏頭痛)
  • 胃もたれ
  • その他の症状はこちら
  • ブログPick up
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報

冷え症

冷え症や低体温は、西洋医学では軽く見られがちです。(『冷え症』という病名はありません)
ただ、健康を維持するためには絶対に改善しないといけませんし、放っておくと重大な病気を発症しかねません。

『冷え症』は、漢方が得意とする分野になります。

冷え症、低体温の弊害は、

  • 免疫が落ちる
  • 癌やウイルスに罹りやすくなる
  • 新陳代謝が悪くなる(老けやすい、太りやすい など)
  • アレルギーや肌荒れをしやすくなる
  • 自律神経が乱れやすくなる(精神不安定、胃腸障害 など)
  • 肩や腰が凝りやすくなる
  • 不眠
  • 体力低下

などで、まだまだ数多くあります。

ご存知のように、冷え症&低体温は血行不良から起こります。

血行不良の原因は、間違った食生活、生活環境(衣服やエアコン)、運動不足、肥満などが挙げられます。

血行不良になると、末梢組織まで血液が流れにくくなります。
特に赤血球は体の隅々まで、『酸素』と『栄養素』を運搬する役割があります。漢方薬も赤血球を通じて運ばれます。

以上のことから、血行不良は単に不快であること以外にも、末梢組織の『酸欠』『栄養失調』を起こすことになります。

そんな状態で『自然治癒力』が維持できるはずがありません!
私は別の疾患でご相談を受けた際、先に血行不良を治すことを優先するケースもございます。

カウンセリングと漢方処方

血液を浄化し、血行を促進する漢方処方。

自然治癒力を高めるための基礎、『血液浄化』と『血行促進』を目的とする漢方薬があります。健康は血液から始まります。

また、ご高齢の方の冷え症には『腎』を補う処方をお出しするケースもございます。

【処方例】
トウキシャクヤクサン、ケイシブクリョウガン、カミショウヨウサン、トウカクジョウキトウ、トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ、ハチミジオウガン

体質改善・快方のプロセス

赤血球の寿命は120日間と言われております。赤血球は骨髄で作られて、役目を終えた後は脾臓・肝臓で壊されます。
汚れた血液、すなわち淤血(おけつ)をキレイで正常な血液に、魔法のように一瞬で換えることは漢方薬でも出来ません。

骨髄で作られる新しい血液を少しずつキレイにしていくことが大切です。
このことから考えても、漢方薬を服用してから最低でも120日、経過しないと本当の効果は現れません。

120日でキレイに入れ換わった血液も油断をすると、すぐに汚れていきます。(環境ホルモンや食品添加物などにより)
常に健康な血液を維持するためにも、継続して漢方薬を服用することが、根本的な『冷え症』対策と言えます。

どうぞ、辛抱強くお続けください。

養生法

免疫系の正常化が最も大切です。

  • 朝食を摂る
    体温や代謝を高めて体を目覚めさせるために朝食を摂りましょう。
  • 温かい飲み物を摂る
    カフェインを含むものは避け、葛湯やしょうが湯、カモミールティーなどがおすすめです。
  • 運動で筋肉を増やす
    筋肉を増やすことが体から発散する熱量を増やす一番の近道です。
  • 温めのお風呂にゆっくり入る
    末梢血管を拡張させ、リラックスすることによって自律神経の乱れも調節できます。
  • 冷暖房や衣服の調整
    冷房のかかりすぎは厳禁です。重ね着などで対処してください。
メール漢方相談 ご来店予約 詳しくはこちら→   ご相談・ご予約・お問い合わせは、通話料無料のフリーダイヤル
フリーダイヤル:0120-25-8510
受付時間 10:00〜19:00 (日・祝除く)
FAX:0742-27-8475
MAIL:rokumeido@cam.hi-ho.ne.jp
〒630-8236 奈良県奈良市下三条町13-1
 (C)copyright 2012 有限会社 鹿鳴堂薬舗 All right reserved.
当サイトの写真、その他あらゆるコンテンツの著作権は全て有限会社 鹿鳴堂薬舗に帰属します。無断での転用・複製は一切禁止いたします。