漢方薬 鹿鳴堂薬舗|奈良で漢方一筋12年

無料漢方相談フォームはこちらから

奈良店紹介

奈良店紹介

  • 鹿鳴堂薬舗について
  • 鹿鳴堂薬舗の考え方
  • 漢方専門の理由
  • 店主ごあいさつ・プロフィール
  • スタッフ紹介
  • 店舗案内、地図
  • 遠方の方へ
  • 強引な売りつけは一切しません
  • 漢方・薬剤師の独り言
  • あなたにあったお薬のために
  • 接客理念
  • ステップ1 完全予約制
  • ステップ2 徹底的なカウンセリング
  • ステップ3 納得いくまでご説明
  • ステップ4 選薬
  • ステップ5 アフターフォロー
  • 漢方薬について
  • 漢方で一番大切なこと
  • 漢方の科学的根拠
  • 漢方薬のお値段
  • 処方の期間
  • 副作用について
  • 処方事例のご紹介
  • お役立ちコンテンツ〜薬剤師の視点から〜
  • 健康食品、サプリメントとの付き合い方
  • 鍼・灸との付き合い方
  • 漢方薬店の選び方
  • 薬局、薬剤師との付き合い方
  • 健康器具に対する誤解
  • 病院等のご紹介
  • 悪徳業者の見分け方
  • よく頂くご質問
  • お客様の声
  • インタビュー
  • お客様から頂いたお手紙
  • 病名別
  • 健康を維持したい方へ
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • アトピー
  • 癌
  • 耳鳴り・めまい
  • 冷え症
  • 更年期障害
  • その他の病名はこちら
  • 症状例
  • 疲れやすい・だるさ
  • 肥満
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 頭痛(偏頭痛)
  • 胃もたれ
  • その他の症状はこちら
  • ブログPick up
  • 店舗情報
  • 会社概要
  • 特定商取引法
  • 個人情報保護方針
  • 求人情報

漢方で一番大切なこと

漢方を最大限に活用するためには、大切なことがございます。

漢方で大切な3つのこと

  • カウンセリングで証を探り当てる
  • 漢方薬剤師の知識・経験
  • アフターフォロー

カウンセリングで証を探り当てる

お一人お一人のお客様に合ったご提案をさせて頂くために、「証(しょう)」という指標を用います。
証とは、体質や体力、症状などから判断する、体全体の状態を表した漢方特有の概念です。

体質や症状により、「陰証と陽証」「虚証と実証」「表証と裏証」「寒証と熱証」「気虚証・お血証・水毒証」など、さまざまな証に分類されます。(この他に「6段階の病期」や「気・血・水」などの指標を組み合わせて、人体の状態を正確に把握します)

カウンセリングで証を探り当てる

漢方をいくら服用しても、「証」を外していれば、見込んでいた変化を得られません。同じ病気でも、証が違えば、違う漢方が必要だからです。カウンセリングによる証の見極めは、もっとも重要な作業となります。
この「証の見極め」はたいへん高度な技術となりますので、ご自身の証をお知りになられたい方は、経験を積んだ専門の漢方薬剤師に判断してもらうのが一番です。

漢方薬剤師の知識・経験

漢方は2,000年以上前に発祥し、日本でも独自の発展を遂げました。近年では、科学的なアプローチによる薬効の解明も進んでおり、その知識も漢方処方では役に立ちます。
また、「証の見極め」は、経験によるところが大きく、すぐに身につくような能力ではありません。
知識と経験に裏打ちされた漢方薬剤師だけが、漢方のチカラを最大限に引き出すことができます。

アフターフォロー

漢方服用で症状が変化してきたら、その変化に合わせて漢方を変えていくことが、体質改善のために欠かせません。状態の変化に合わせて、粘り強く適切なアフターフォローを続けることが大切なのです。

メール漢方相談 ご来店予約 詳しくはこちら→   ご相談・ご予約・お問い合わせは、通話料無料のフリーダイアル
 (C)copyright 2012 有限会社 鹿鳴堂薬舗 All right reserved.
当サイトの写真、その他あらゆるコンテンツの著作権は全て有限会社 鹿鳴堂薬舗に帰属します。無断での転用・複製は一切禁止いたします。