重症インフルにDHA由来物質が効果 新たな治療法も。

2013.3.10|健康 健康食事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

インターネット上のニュースで興味深い記事が載ってました。

転載してみましょう。

 

●重症インフルにDHA由来物質が効果 新たな治療法も

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)に由来する物質が、インフルエンザ感染で症状が悪化した後の投与でも治療に効果を発揮することを、秋田大大学院の今井由美子教授(ウイルス学)らのチームがマウスの実験で突き止めた。

7日付の米科学誌セル電子版に発表した。

タミフルなど従来の抗インフルエンザ薬は、発症後48時間を経過し、重症化した後では効果が薄いとされる。

新たな治療法の開発につながる可能性もある。

物質は、DHAが体内で代謝されてできるプロテクチンD1(PD1)。

インフルエンザで重症になったマウスに、既に販売されている治療薬「ペラミビル」だけを投与した場合、18日後の生存率は40%未満にとどまったが、この薬とPD1を同時に投与すると、生存率は100%だった。

今井教授は「PD1が治療薬として有効である可能性は高い。

人への応用については、副作用も含めて検証していきたい」と話した。

(ZAKZAK 2013.03.9 より)

 

 

魚油、DHAのあらたなる効能を示唆する報告です!

インフルエンザにも効く可能性もあるとは、すごすぎます!!!

 

DHAは マグロの中ではダントツでトロに多く含まれています。

受験生のお子さんがいらっしゃるところでは、トロを奮発するとインフルエンザ予防になるかもしれませんよ。

 

ハイブリッド抽出(酸化していない)DHA&EPA配合・HGオメガ3

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL