男性のスキンケア(その7)。

2013.5.27|健康

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

本日は「肌の老化 Q&A」です。

「老化」という言葉、いやですね・・・

誰しもが避けて通ることはできません。

しかし、老化のスピードを緩めることは可能です!

 

IMG_20130524_113242.304

 

 

●肌の老化

~老化にまつわるギモン解決~

Q1:コラーゲンが減ると肌は老化する?

A1:シミやたるみなどが発生

コラーゲン繊維を繊維芽細胞が真皮の中で生み出す際には十分な水分が必要となる。

つまり皮膚の水分不足⇒繊維芽細胞の不活性化⇒繊維性コラーゲンの低下⇒肌の弾力低下⇒シワやたるみの発生とつながってしまうのだ。

体内で減ってしまったコラーゲンを元通りに増やすことは難しい。

 

Q2:加齢臭も老化の一種?

A2:老化による体臭の変化が加齢臭

男の汗は量が多く、体臭を発生しやすい。

しかも40歳を過ぎたころから汗とは違った別の臭いも混ざってくる。

それは歳を重ねると脂質が増加し、臭いが強くなってしまうことが原因。

加齢臭は過酸化脂質の脂肪酸が酸化することで発生してしまうのだ。

たばこやストレスなど生活習慣病も関わってくる。

 

Q3:キメが粗いってどういうこと?

A3:肌の表面が乱れている状態

キメというのは肌の細胞が整った状態で、きれいに並んでいること。

肌に弾力があり、隙間や大きな毛穴などがなく配列できていることだ。

つまり「キメが粗い」とは毛穴が目立つ、肌の表面がザラついている、といった状態。

反対に表面の質感がすべすべなめらかなことを「キメが細かい」という。

 

Q4:スキンケアで老化は食い止められる?

A4:男前でいるための投資と考えて

メイクをしない男の肌は外的刺激にさらされ、放っておくと知らず知らずのうちに老化を促進させてしまう。

ケア用品を使ってこまめに肌をいたわれば、健康でハリのある状態が維持でき、肌年齢を若く保てる。

早いうちからスキンケアを始めていると、5年後、10年後の肌に違いが出てくるはずだ。

 

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL