ホスファチジルセリンの臨床試験での成績(パーキンソン病)

パーキンソン病とは

脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系 徴候(錐体外路症状)を示す疾患である。神経変性疾患の一つである。

日本では難病(特定疾患)に指定されている。

本疾患と二次性にパーキンソン病と似た症状を来たすものを総称してパーキンソン 症候群と言い、本症はパーキンソン症候群を示す病気の一つである。 via: パーキンソン病とは


アルツハイマー病をともなったパーキンソン病の患者にホスファチジルセリン を投与したところ、患者の脳の機能が高まることがEEG(二次元脳電図)の画像 で確認されたとの報告がある。 それと同時に、不安感が和らぎ、熱意が回復する減少もみられた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check