ホスファチジルセリンの臨床試験での成績(てんかん)

てんかん(散発性急性発作性異常)とは

脳細胞のネットワークに起きる異常な神経活動(以下、てんかん放電)のため てんかん発作を来す疾患あるいは症状である。 WHOによる定義によるとてんかんとは『種種の病因によってもたらされる慢性の 脳疾患であり、大脳ニューロンの過剰な放電から由来する反復性の発作(てんかん 発作)を主徴とし、それに変異に富んだ臨床ならびに検査所見の表出が伴う』と されている。

via: てんかん(散発性急性発作性異常)とは


てんかんの患者に、30〜60日間、γ-アミノ酪酸(神経伝達物質の一種)と 併せて投与したところ、三分の一の患者で発作が50%減少した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Check