ブロッコリーの効用

2012.10.3|健康

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。 毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂薬舗の泉谷です。

 

今日は「ブロッコリー」の効用について解説してみます。

塩湯でしてマヨネーズで食べたら最高に美味しいですよね。

実はブロッコリーは大変栄養価の高い野菜なのです。

ブロッコリー 食の栄養

ブロッコリーの栄養素(食材100g当たり)

・カルシウムが38mg

・鉄が1.0mg

・カリウムが360mg

・葉酸が210μg

・ビタミンB1が0.14mg

・ビタミンB2が0.2mg

・ビタミンCが120mg

ブロッコリーにはガン予防・風邪予防に欠かせない、美容にも効果的なビタミンCがレモンの約2倍含まれている。 さらにブロッコリーにはカロチン(ビタミンA)、ビタミンB郡、リン、カリウム、食物繊維などもたっぷり含んでおり、皮膚や粘膜の抵抗力を強める、血糖値を正常に保つ、便秘の改善などの効果が期待できる。 またブロッコリーには、ビタミンの一種である葉酸が他の食材に比べ非常に多い。 葉酸は、細胞が分裂して新しく増殖する時や赤血球が増殖する時に必要不可欠なビタミンで、貧血予防、動脈硬化の予防効果がある。 ブロッコリーは、花蕾(からい)というつぼみの集まった部分が好まれるが、茎や葉の部分にも栄養がたくさん含まれているので、捨てずにぜひ食べたいものである。 ブロッコリーの料理法は、さっとゆでてドレッシングやマヨネーズをかけて食べるのが、いちばん手軽である。 ブロッコリーを長くゆでるとせっかくのビタミンCがこわれてしまうので、多少歯ごたえがあるくらいに、かためにゆでると良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筋トレ等、体を作るときの「食」としても優れています。

医食同源、今後も体によい食品についてご紹介していきたいと思います。


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL