ビフィズス菌B−3の抗肥満作用について。

2013.3.28|コレステロール 健康 健康食事 糖質制限

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。いつも仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

さて、まだ日刊ゲンダイに掲載された「ビフィズス菌B−3配合ラクトヴェリタス」についてのお問い合わせが相次いでおります。

●日刊ゲンダイに掲載されました!!!「ダイエットフード・ラクトヴェリタス」

 

ご質問の中で多いのが、「ビフィズス菌B−3で本当に体脂肪が減るの?」です。

もちろんちゃんとした根拠(エビデンス)があります。

 

~森永乳業株式会社 食品基盤研究所より~

新規ビフィズス菌による抗メタボリックシンドローム作用 

~日本農芸化学会 2010 年度大会(2010 年 3 月 27~30 日)発表内容のご報告~

 

抗肥満作用

高脂肪食で太らせたマウスに、B-3を1日1億または10億摂取させたところ、対照群に比べて体重や体脂肪の増加が抑制されました。

 

CTスキャンによる検査を行うと、内臓脂肪と皮下脂肪の両方が減少していることがわかりました。

 

高脂肪食を食べると腸管バリア機能が破壊され、炎症性物質が体内を循環して肥満がひきおこされると言われています。

ビフィズス菌B-3は腸管バリア機能を保護する働きがあり、肥満を抑制すると考えられます。

いかがでしょうか?

腸からダイエット、実践してみませんか?

 

ビフィズス菌B−3配合・ラクトヴェリタス

 

 

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL