ダイエット最新キーワード(その5)【酵素】

2013.2.15|健康 健康食事 糖質制限

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

 「ダイエット最新キーワード」第5弾は「酵素」です。

 

(おとなのOFF 2013年2月号より)

 

生の野菜や果物に含まれている酵素が、体内で消化や代謝を助けてダイエットや若返りにいいと、若い女性を中心にブームになっている。

朝、食事をする前に野菜やフルーツを生のまま食べる、ジュースにして飲む、酵素を熟成させたドリンクを飲む、というのが基本の実践方法。

「酵素を多く摂取することで、体内の臓器の消化・吸収活動を助けて内蔵機能を回復させ、やせやすい体質に変える」という考え方に基づく。

植物に含まれる酵素は熱に弱いため、野菜や果物を加熱せずに摂るのがポイントとなる。

アメリカで10年ほど前から流行中の「ローフードダイエット」の理論にごく近く、激太りの後にダイエットに成功した歌手のレディ・ガガが、酵素を摂取できるスムージーでやせたという噂も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

発酵食に続き「酵素」も体によいと言うことは世界的な常識になっています。

メインは【代謝酵素】と【消化酵素】。

プチ断食とか酵素ダイエットと呼ばれているものの原理が、【消化酵素】に消費されていた酵素の負担を減らし、【代謝酵素】にまわすというものです。

ただ、ことダイエットに使う場合は注意しなくてはいけないことがあります。

ドリンク型の酵素は例外なく、砂糖が含まれています。

発酵の過程で砂糖を加えないと、永遠に発酵し続けて最終的には「酢」になってしまうからです。

特にフルクトースコーンシロップが含まれているものはおすすめできません。

赤血球の細胞膜などのタンパク質と結合し、老化の元となるAGEという物質をつくり出してしまします。

砂糖はダイエットには禁物。

できれば砂糖が入っていない、酵素がおすすめになります。

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL