ダイエット最新キーワード(その1)【糖質制限】

2013.2.5|健康 健康食事 糖質制限

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

今回から「ダイエット最新キーワード」についてシリーズでお届けしたいと思います。

第1弾は「糖質制限」。

 

 

 

(おとなのOFF 2013年2月号より)

 

従来、「ダイエット=カロリー制限」というのが常識だったが、最近は、肥満は糖質の摂取過剰が原因という考えたかに基づいて、糖質制限による肥満治療やダイエット法が主流となってきた。

糖質を取りすぎない食事を心がけることで、血糖をコントロールするインスリンの働きがよくなり、脂肪の蓄積が抑えられ、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防にもなるといわれている。

関連して、糖質を摂取しない時間を一定時間作ることで、体内に蓄積された糖(グリコーゲン)がエネルギー源として使い切られた後に、脂肪由来のケトン体がエネルギー源に切り替わることも注目されており、脂肪が燃えやすくなる「ケトン体ダイエット」などと呼ばれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

糖質制限は私も1年近く実施しており、体重のコントロールはもちろん、体調もすこぶるいいです。

「ダイエット」という側面に絞ると、糖質以外はおなかいっぱい食べれる上、1週間で2~3kg、体重が減ります。

まさに、夢のダイエットだと私は思います。

上記内容に付け加えますと、グリコーゲンの枯渇後、脂肪が燃焼する以外に、肝臓での糖新生経路のスイッチがオンになります。

これは基礎代謝を上げるには本当に有効で、有酸素運動をしているのと同じくらいの効果があると考えます。

 

「3食とも炭水化物(糖質)を抜くのはちょっと…」

という方には、夕食の「糖質制限」をお勧めします。

実は睡眠時が上記のケトン体回路および糖新生の回路ともにオンになりやすいのです。

おすすめします。

詳細が知りたい方はご予約の上、ご来店くださいませ。

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL