ダイエットの強い味方【スロートレーニング】

2013.5.8|コレステロール 健康 健康食事 漢方 糖質制限

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

5月に入り、本当に爽やかな陽気が続きます。

先日、GWは自転車で遠出した話をいたしました。

みなさまご存知のように、サイクリングのような有酸素運動は脂肪を燃焼する(ダイエット)のに有効です。

私の場合、平日は自転車を乗る時間がない(夜は危ないです・・・)ので、近くのジムで水泳をしておりました。

しかし!!!

今年に入って閉店してしまいました。

その代わりに今、自宅で実践しているのが、【スロートレーニング】です。

 

 体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造

 

●スロートレーニング(Wikipedia より)

筋肉トレーニング方法の一種。「スロトレ」とも呼ばれる。

ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかける。例えば5kgのダンベルを2秒で上げ、10秒かけながらゆっくり下ろすなどの動作になる。

速い動作で重いものを持ち上げようとすると、全身の反動を使ってしまうことが多い。

スロートレーニングでは鍛錬しようとする部位にじっくりと集中して負荷をかけ、その部位により確実に効かせようとする。

スロートレーニングは最初に遅筋を動員し、次いで中間筋、そして速筋のパワーを引き出す動作になっている。

つまりこの動作によりすべての筋肉をバランスよく鍛えることができる。

素早い動作のウエイトでは速筋のみが鍛えられるが他の筋肉の鍛錬が十分になされないため動作が逆に鈍くなることがある。

スロートレーニングの一回ずつの動作は時間をかけながら行うが、素早い動作でのウエイトほどの回数をこなす必要はなく、結果的には短時間でのトレーニングですむ。

また、遅筋の鍛錬は基礎代謝率を上げ、体脂肪の燃焼に非常に効果的であるため、引き締まった身体を造るのに適している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筋肉内の欠陥を圧迫することで筋肉内に乳酸をため、結果として筋肉がパンパンにはれることなどがスイッチとなって、脳から成長ホルモンがたくさん出ます。

それが筋肉を効率よく肥大化させてくれるのです。

一回30分程度で済みますし、雨の日でも夜でも室内で実施できますよ。

もちろん、ダイエットの基本は『食生活』です。

鹿鳴堂では【糖質制限食】を中心に実施していただいております。

さらに、ダイエット効果を上げたいという中級者の方に【スロートレーニング】はお勧めです!

 

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL