• コレステロールを下げるには紅麹がおすすめ
  • HOME
  • コレステロールを下げるには紅麹がおすすめ

紅麹(べにこうじ)とは?

紅麹は米に紅麹菌を植菌して発酵させたものです。豆腐よう、紹興酒などの原料にも使用されており、 古くから浸透しております。また、漢方薬にも使われるなど、薬にも利用されております。 紅麹にはコレステロールを下げる成分が含まれており、人の化学データでも示されております。

参考:ベニコウジは米に紅麹菌を植菌して発酵させたもので、中国やジャワで古くから食品の着色料などとして使用されてきた。ベニコウジの中国語名は「紅曲」であり、古くから漢方素材にも用いられていた。俗に「コレステロールを下げる」などといわれ、ヒトでの有効性については、一部にヒトでの科学的データが示されている。 via: ベニコウジ – 「健康食品」の安全性・有効性情報

 

紅麹の有効な働き

紅麹にはコレステロールの合成を抑える有効成分が含まれております。 その成分が「モナコリンK」という成分です。 モノコリンKはロバスタチン(またはメバニン酸)と呼ばれる脂質の一種です。 モノコリンKはHMG-CoAリダクターゼの作用を抑えて、血中コレステロール を低減させる作用があることが確認されています。 また、スタチン系製剤で発生するSAM(Statine-associated miylgia)という 筋肉痛が発生しないことも特徴です。

紅麹はスタチンを服用できない高コレステロール患者に有効 via: GUNZE健康食品センター

 

食べ物から紅麹を摂取する場合

沖縄の珍味である豆腐よう、紹興酒・酢・みそなどからも摂取できます。 ただし紅麹が原料のものに限ります。

紅麹と摂取するタイミング

体内のコレステロールの合成は夜になると活発となるので、夕食後から寝る前の間にとることが 一番いいタイミングと言えます。 また継続して摂取していただくことがおすすめです。1ヶ月摂取しただけでも 総コレステロール値や悪玉コレステロール値が下がることも報告されております。 妊婦や小児の摂取は避けたほうが良いです。   当店でも紅麹を含む健康食品を販売しておりますので、 お問い合わせ下さいませ。 ☎0120-25-8510

]]>