やせるホルモン「GLP-1」を大量分泌させる栄養素はEPAと食物繊維だった!

2013.7.31|コレステロール 健康 健康食事 糖質制限

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

漢方の鹿鳴堂薬舗

漢方☆薬剤師のひとりごと。

クリックしてみてください。ランキングが出ます。

こんにちは。毎日、仕事が楽しい鹿鳴堂の泉谷です。

昨夜、TV番組『みんなの家庭の医学』、かなりおもしろい内容でした。

●たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学~身体を老けさせない秘密 第4弾 やせるホルモンで病の元凶・肥満を解消SP(7/30) 

少し内容を抜粋してみます。

 

肥満に関係するホルモンの存在がわかってきました。

そのホルモンはGLP-1です。

日本でもやせる物質GLP-1使った治療薬が医療現場で使われるようになっていますが、今はまだ糖尿病の治療薬としてしか認可されていません。

GLP-1はどんな人の身体でも分泌されているホルモンで特にご飯を食べた後GLP-1ホルモンの分泌量がぐんと増え様々な効果を発揮します。

やせるホルモンGLP-1の働きとは、

(1)食事をすると分泌されるGLP-1は、満腹中枢を刺激、早めに満腹感が出ることで必要以上の食べ過ぎを抑えてくれる。

(2)GLP-1が分泌されると、胃に入ってきた食べ物が通常よりゆっくり腸に送り出される。すると、糖分が腸で緩やかに吸収され、結果、血糖値が急に上がらずにすむ。

(3)GLP-1にはすい臓をパワーアップさせる効果があり、血糖を上げるインスリンの量が格段に向上する。食後に分泌されるGLP-1の量が人によって違う。

つまり、太っている人はやせるホルモンGLP-1があまり出ず、やせている人はやせるホルモンGLP-1が大量に出るということになります。

 

ではどうすればやせるホルモンGLP-1を増やすことができるのでしょうか?

小腸の下の方(より大腸に近い方)にGLP-1を分泌する細胞が多いので、そこまで到達するような食べ物がGLP-1の分泌を刺激するとのことです。

それは、『食物繊維』と『EPA』。

食物繊維は1日18g必要とのことですが(厚生労働省)、実際には平均13gしか摂られていなく、5g不足しているようです。

また、EPA(背の青い魚の油)を効率よく摂るには、サバ缶がオススメとのこと(これでまたスーパーでサバ缶が売り切れることでしょう)。

実際、山形県村山市の皆さんは、驚くほどサバ缶を食べているのですが、太っている人は少なく、血液検査すると、やせるホルモンGLP-1の量が非常に多いそうです。

 

しかし、毎日の生活で『繊維質のもの』と『サバ缶』を摂り続けることは難しいのではないでしょうか?

人それぞれ好みもあれば、一時はできても飽きがきて長続きしないと思います。

そんな方は、ぜひサプリメントの摂取をおすすめします。

手軽に摂れて、習慣化しやすいからです。

私も『食物繊維サイリウムのサプリ』および『EPA(+DHA)のサプリ』を毎日摂り続けています。

 

0030000000082

シェリール300g(5g×60包) 酵素・乳酸菌・サイリウム

 

0350000000022

 

ハイブリッド抽出(酸化されにくい)EPA&DHA配合・HGオメガ3

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL